看護師の仕事関係

看護師の仕事は、華やかなものばかりではありません。もちろん患者の側からすると、病気で弱っているときに笑顔で励ましてくれれば、それだけでありがたいと感じます。そういう経験があるからこそ、世間の人は看護師という仕事に対して「白衣の天使」のようなプラスのイメージを持っているのです。そういったイメージは今まで看護師たちが献身的に看護してきた賜物だと思います。しかし、その裏には彼女たちの笑顔に隠された、もっと厳しい現実があるのです。そういった厳しい世界に支えられた上での彼女たちの笑顔ということを、肝に銘じておきたいと思います。

1. 人間関係
看護師の職場は女性が多いですので、どうしても女性の職場ならではのいざこざが多いようです。看護師の笑顔の裏側には、そんな悩みも隠れています。看護師が転職する理由として、人間関係が原因というのは結構あるようです。

2. 夜勤
看護師にとって、夜勤は想像以上にきついようです。実際に、歳をとればとるほど肉体的にもついていけなくなります。若い頃はバリバリ働いて夜勤手当もたくさんもらっていたという人も、歳をとって夜勤ができなくなってしまい、給料が下がったという話もよく聞きます。給料が良い仕事の代名詞のように言われていますが、実はそのような高給を支えているのは身を削るような夜勤があるおかげということが多いのです。

3. 残業
看護師の仕事に残業はつきものです。ほぼ定時であがることはできないような病院もあります。看護師の人数が足りずにキリギリで回しているような状態であれば、急患なんかが来るととたんに残業ということになります。定時であがれず、予定を立てることができないというのも看護師の悩みのひとつです。

4. 勉強
看護師は、免許を取ったらそれで終わりではありません。医療の現場は日々刻々と変化していますので、その変化に追いつくためにも常に勉強が欠かせないのです。休みの日でもセミナーに出席しなくてはならなかったり、新たな科に配属になりその科のことを勉強するのに時間も書籍代も馬鹿になりません。そういった側面も、看護師の悩みに拍車をかけているのです。彼女たちの笑顔の裏側にはさまざまな悩みがあるのです。

参照元:http://xn--l8ja2tb9781cwqhzra038mmozb.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です